逆流性食道炎だとNGなアルコール(お酒)の適量と種類

アルコールは逆流性食道炎を悪化させる!

飲んだ日は胸焼けがひどい

 

そればアルコール量が多いと
体に3つの悪影響を及ぼすから!

逆食になりにくいお酒の種類
上手に付き合う方法とは?

飲みたい時に負担を減らしたい時や
付き合いで断れない時の対応など
ケース別で考えてみました。

【目次】

  1. お酒が逆流性食道炎に悪いワケ
  2. 特に気を付けたいアルコールの種類
  3. 付き合いで飲むときは?

 

 

お酒っていうのは
逆食の天敵なんですね(^_^;)

僕自身、仕事帰りの家飲みが好きで
胃腸の調子が悪くなるまでは
ずーっと続けていました。

 

仕事を1日やった多少の達成感や
嫌な記憶を薄くするため
眠りに入りやすくするためetc

いろいろな言い訳を作って
結構な頻度で飲んでる日々(笑)

 

しかし逆流性食道炎を患ってからは
めったに飲まなくなります(^_^;)

我慢してるときよりは
飲むと気分が悪くなるので
「好きではなくなった」感じ。

 

それでも仕事関係の付き合いでは話は別。
断りづらいのでチビチビ飲んでます。

そんなお酒を飲むときの為に
逆食に負担をかけない為の飲み方
僕と一緒に考えてみませんか?

 

この記事のテーマは 【お酒と逆食】

どうしても我慢できない
上司との付き合いで仕方なく…など
お酒を切り離せない人向けの内容です。

スポンサーリンク

アルコールで逆流性食道炎が酷くなる3つのワケ

 

まずなぜアルコールを摂取すると
逆流性食道炎が悪化するのか
原因を突き止めます。

僕が思うに理由は3つ!
一つずつ見ていきますね(^^)

 

① アルコールが「ある筋肉」を緩めてしまう

 

アルコールを摂取すると
食道にある下部食道括約筋という筋肉が
緩くなってしまうケースがあります。

この筋肉は食物が胃に入って
それが食道に戻らないようにするために
フタのように閉まる役割を持っています。

 

食べた後に逆立ちしても
口から食べ物が出ないのは
この筋肉のおかげでもあります。
(それ以外にも理由はありますが…)

その逆流を防ぐ筋肉が
アルコールによって緩くなってしまう。。

 

すると胃酸も逆流しやすくなり
逆食の症状も出やすくなりますよね?

それ以外にも多量に摂取すると
胃を荒らしてしまったり
胃酸の分泌量を増やしかねないので

お酒を飲みつづけるのは
胃にとって良い環境とは
言えないことがわかります。

 

② 睡眠の質が低下して疲れが取れない

 

あとアルコールは基本的に
仕事終わりに飲むことが多いですよね?

すると睡眠の質が
低下してしまうリスクもあります。

(寝付きは酔って良くなるのですが
体がアルコールの分解を優先するので

朝、起きたときの
疲れの取れ方が悪くなります。)

 

僕自身も寝れないときは
お酒を飲むことがありますが

それが習慣になると
寝ても疲れが
取れない体になるようです。

 

しっかり寝ることも生活習慣からくる
逆食の完治に必要なので

その意味でもお酒の
飲みすぎはNGですね(^_^;)

スポンサーリンク

③ ストレス緩和になるという勘違い

 

これも睡眠と似ているのですが
ストレスが溜まりやすくなるのも
お酒のデメリットですね。

(ストレスは逆食の天敵です!)

 

お酒を飲むと一時的に気分が良くなり
ストレス発散と言えそうですが、実は逆!

ストレスを自覚できなくなるだけで
アルコールによって体の負担が重くなる分
体が感じるストレスは多くなります。

 

この手のストレスは気づきにくいので厄介。
知らず知らず逆食の悪化を招いています。

このようにお酒というのは逆食にとって
相性は悪く、おすすめできるものではありません。

 

 

ただ、「じゃあ一切、飲まない!」というのは
難しい話じゃありませんか?(^_^;)

仕事終わりの1杯は美味しいのは変わりないし
付き合いや接待で断れない時もあります。

 

…ということで、次からは
お酒との付き合い方について。

逆食への影響をなるべく
与えない飲み方を考えましょう!

 

特に飲むのがNGなお酒の種類をチェック

逆流性食道炎とアルコール

お酒の中でも特に逆食に悪い
症状が酷くなりかねない種類があります。

それは避けたほうがいいですよ(^^)

ポイントは炭酸と胃への負担
この2つは特に要注意。

【避けたいお酒】

  • ビール
  • ウイスキー
  • スピリッツ
  • シャンパン
  • レモンサワー
  • ワイン

 

炭酸は空気と一緒に
胃液が上がってきますし

ワインは先ほども話した括約筋を
緩める効果を持っています。

病状の度合いにもよりますが
この辺のお酒は飲まないほうが
あなたの体の為と言えますね。

 

逆流性食道炎の時は
飲んで良い飲み物とNGな飲み物があります。

お酒より優先して飲みたいドリンクは
こちらにまとめてみました。

記事:逆流性食道炎中に飲みたいドリンクって?

 

『どうしても飲む時』の対策を考える

どうしても飲みたい時
飲まないといけない時は
どのような対策が必要でしょうか?

NGなお酒の種類を
飲まないことを前提として
その他に3つの対処法があります。

 

① アルコールの分解を助ける食材を食べる

まず、どうしても飲みたい時は
アルコールを分解する際の
体を負担を軽くする食材を食べましょう!

お酒を飲むときに一緒に食べると
体への負荷を減らせますよ。

【オススメ食材】

  • トマト
  • お酢
  • 柑橘系(グレープフルーツ)
  • ゴマ
  • ナッツ類

 

【注意】

牛乳を飲むと酔わないという情報を
一度は聞いたことがありませんか?

けっこう有名な話なんですが
実はこれ、全くのデマなんです。

 

完全な民間療法で医学的な根拠は無く
「酔いにくくなる気がする」程度のもの。

牛乳は意味ないので辞めましょうね。
胸焼けや呑酸には
非常に効果的なのですが…

記事:空腹時の胸焼けを緩和させる牛乳の飲み方

 

② 寝る前はコレで寝付きを良くする

 

次はアルコール摂取によって落ちる
睡眠の質を高める方法をお話します。

僕が効果を実感できたのは
寝る直前の腹式呼吸です。

【腹式呼吸のやり方】

  1. 息をゆっくり吐く
  2. 息を吸う
  3. 息を吐く時間を吸う時間の倍使う
  4. 体の力が抜けて行くのを感じる

 

↑これだけ(^O^)

正しいやり方は
別にあるかもしれませんが

僕は継続するのを最優先にして
シンプルに呼吸することにしていました。

 

布団に入ってから
寝るまでの間にするので
忘れることもないし面倒くささも無し!

即効性はありませんが
2週間ほどでフッと寝付けるようになり
夜中に起きることもなくなりましたよ(^^)

スポンサーリンク

③ 付き合いで断れない時はコレ!

 

最後は自分のペースで選び
飲めるプライベートと違って

会社内での付き合いなど
上司からお酒を勧められた時の場合。

 

別にアルハラってわけじゃないけど
断るのも申し訳ないなって思い

ついつい自分の適量以上を
飲んでしまう日も僕はあります。

 

その時にメチャクチャ役立つのが『サプリ』

アルコールの分解を助けてくれるサプリで
つい飲みすぎた日の
体の負担を軽くしてくれます。

 

いろいろ試したのですが
僕がコスパ的に助かったのは
CMでもやってる『しじみ習慣

栄養素が豊富なことが関係してるのか
飲んだ翌日の朝も
スッキリ目覚められました。

 

【注意】

最終的に頼るものとして持っておくもので
基本は量を減らして炭酸系を避けること。

それが一番重要なのでお忘れなく(^^)

 

 

いかがでしたか?

基本的にはアルコールは0にすることが
逆食の治療中ではベストです。

 

ただ少し飲みたい時
仕事で飲むときは

先ほどの方法で
負担を軽くしてみては?

次は胸焼けの応急処置や
治療方法をまとめてみました。

記事:胃の不調がある時に押したいツボはコレ!
記事:逆流性食道炎を家で改善させる方法

 

 

これらの内容で
あなたの病状を軽くして
日常生活を楽しく過ごしましょう!

ではまた次の記事で
お会いすることを
楽しみにしています(^^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ