胃酸過多の薬『パリエット』の副作用は便秘と下痢に注意?

パリエット

パリエットって胃酸に効果がある?

 

胸焼け胃酸過多の症状があり
胃カメラ検査したら
逆流性食道炎と診断!

その時に最初に内科の医師から
処方されたのがパリエット。

 

1カ月ほど飲んでわかった
ある副作用に驚きました。

実際に服用してわかった
メリット・デメリットをお話しします(^^)

【目次】

  1. 効果が出るまでの期間は?
  2. 1週間後に現れた副作用
  3. 胃酸分泌薬を服用する時のポイント

 

 

この薬は良い意味でも悪い意味でも
僕には大きな効果(副作用)がありました。

この記事ではその体験を
あなたに伝えたいと思っています。

スポンサーリンク

効果が出るまでの期間はどれくらい?

 

僕の症状は
食後30分してからの胸やけ

そして「胃酸が食道を
上がってくる感覚」でした。

パリエットを服用すると胸やけは
その日からサッパリ消えましたよ!

 

上がってくる感覚は
2週間ほどかかりましたが

それも徐々に改善して行ったので
パリエットの効果は強い方と言えます。

 

食間の胸やけや
夜中の呑酸はありましたが

それも少しずつ
良い方向へ向かっていきました。

 

これだけなら僕にとって
パリエットが最高だったのですが

これらの効果と同時に
副作用にも悩まされました。

 

1週間後に表れた副作用がキツイ!

軟便でトイレ

パリエットを飲んで1週間ほどしてから
徐々に「あれ?」って思うことが増えました。

それが「軟便」です。

 

もともと便秘体質なので
余計に変だなぁと感じ調べてみると

パリエットには副作用として
下痢があることがわかりました。

主な副作用として、発疹、じんま疹、かゆみ、下痢
軟便、味覚異常、腹痛、腹部膨満感、
便秘などが報告されています。

このような症状に気づいたら、
担当の医師または薬剤師に相談してください。

引用元 http://www.qlife.jp/meds/rx9743.html

 

すぐに副作用が!というわけではなく
1週間ほど遅れてやってきたもの

気持ち悪さというものは全くなく
ただ軟便というだけ。

 

さらに便のペース自体は
便秘の時と変わらず3日に1回ほど。

なので「便秘なのに軟便」という
わけのわからない状態に(^_^;)

スポンサーリンク

試してみるしかないのが現実?

 

服用している人、全員が
僕のような副作用があるとは限りません。

というよりも、副作用があるのは稀なケース
比較的、安全といえる薬のようですね。

 

ただ僕は実際に服用して
多少の副作用がありましたし

あなたがあるかは実際に
飲んでみないとわかりません。

 

効果と副作用の有無は人によって違う

これは薬を飲むなら
受け入れないといけないことですね。

 

胃酸分泌抑制薬は常に調節していく

薬の服用

もしパリエットで副作用があったら?
必ず医師に伝えましょう

私の場合は薬の作用を
もう少し弱くした薬(ネキシウム)を
処方してもらいました。

 

それでも食後の胸やけは全くなし。

副作用も気にしないでいい。
そこまで改善しました!

 

胃酸の分泌を抑える薬は
作用の強さによって
分類されているようです。

そして効果が強いほど
副作用が出た時も強いみたいですね。

 

「あなたはどれくらい胃酸過多なのか?」

実際に2週間ほど飲んで
体の変化を記録し

あなたの体に合った
胃酸分泌抑制薬を見つけましょう!

 

次は薬が効かない時に確認するポイントと
漢方について調べてみました。

記事:処方された胃薬が効かない時の対処法
記事:逆流性食道炎に悪い食材や食べ方とは?
記事:逆流性食道炎を自力で改善する方法

 

 

薬を飲むだけでなく
あなた自身で生活の
改善をすることが完治への近道。

僕と一緒に頑張りましょう!

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ