逆流性食道炎の胸焼けや胃酸過多はピロリ菌の除去後に酷くなる?

ピロリ菌の除去で逆流性食道炎が悪化する

ピロリ菌の除去後に逆流性食道炎が悪化?

 

胃潰瘍や胃癌の
原因と言えるピロリ菌。

除去治療をすると
胃食道逆流症の症状が出るらしい!

 

食事中の胃酸の分泌が増えて
胃液が多い状態になるのが原因だとか。

でも、だからといってピロリ菌を
そのままにしておいていいのか…
ピロリ菌の除去は是か非か?

【目次】

  1. ピロリ菌と胃酸分泌量の関係
  2. 日本で逆流性食道炎リスクが高まった原因
  3. ピロリ菌と逆食、優先順位はどっち?

 

 

近年、日本や欧州で
増加中の逆流性食道炎。

その原因の一つとして
挙げられるのがピロリ菌なんです。

 

ピロリ菌といえば
あまり良いイメージはなく

胃の病気を引き起こす原因
…という認識がありますよね?

 

でも実は逆流性食道炎に関しては
ピロリ菌が胃にいないことが
胃食道逆流症に繋がっているようなんです!

今回は、そんなピロリ菌と
逆流性食道炎の関係を
まとめてみました(^O^)

スポンサーリンク

ピロリ菌と胃酸の関係。胃の中を覗いてみる

 

胃腸科で内視鏡検査を受けたときに
僕は同時にピロリ菌の検査も受けました。

検査から1週間後、結果を聞きに行くと
「逆流性食道炎」と診断されたんです。

 

「ピロリ菌の検査はどうでした?」
と検査後に僕が医師に聞くと

「問題ありません。でもだから
逆食になりやすいのかも」と言われ

ピロリ菌がないから逆食になるの?
…と驚いたのを覚えています。

 

イメージ的にはピロリ菌=悪
胃がんや胃潰瘍の原因となる菌。

なのでピロリ菌がないから
逆流性食道炎と言われたのが『?』でした。

 

日本で胃食道逆流症が増えた原因がピロリ菌?

逆流性食道炎とピロリ菌

家に帰って調べてみると
確かに近年、日本や欧州などの先進国で

逆流性食道炎の患者が増えたのは
ピロリ菌と関係があることが判明

 

アステラス製薬のサイトによると

ピロリ菌と逆流性食道炎の関係について、
ピロリ菌に感染している人の割合が高い国は
逆流性食道炎の患者さんが少ないことが分かっています。

これは、ピロリ菌によって胃に炎症が起こると、
胃酸の分泌が少なくなるためと考えられています。

日本はピロリ菌に感染している人の割合が高い国でしたが、
衛生環境が改善してきたことで、その割合は低くなってきました。

これが近年、日本で逆流性食道炎が増えたことの
ひとつの原因と考えられています。

引用元 http://www.astellas.com/jp/health/healthcare/gerd/basicinformation02.html

 

衛生環境がよくなることで
意外な病気(胃酸過多)が増えたという
ちょっと皮肉めいた話ですね。

ただこれなら近年、日本で
僕達と同じように逆食に悩む人が
増加しているのも納得できます。

 

優先されるのはピロリ菌と逆流性食道炎のどっち?

ピロリ菌を除去すると
逆流性食道炎のリスクが高まる。

でもだからといって
「胃酸が増えるからピロリ菌を除去しない」

…という考えは完全に
間違っているので注意しましょう

 

まず優先されるのは
胃がん、胃潰瘍の確率を上げる
ピロリ菌があなたの胃にいるかどうか?

いたら除去するのが適切な処置です。

 

逆流性食道炎や胃酸過多に関しては
胃酸分泌抑制薬を服用すればいいですし
生活習慣を正せば緩和もできます。

そもそもピロリ菌を除去すれば
100%胃酸過多になるわけでもありません

(正確な逆流性食道炎の原因は
今も定かではありません)

 

病気としてはピロリ菌が引き起こす病が
圧倒的に深刻度が高いので

【ピロリ菌除去>逆流性食道炎】

この優先順位で
検査と治療を受けましょう。

 

もし除去をして胸焼けを感じたら
医師から薬を処方してもらうなり

自宅でできる解消法を
実践してみるといいですよ。

それに関しては
別の記事でまとめていますので
よかったら参考にしてください

記事:逆流性食道炎の治し方マニュアル
記事:逆流性食道炎で注意したい食材や食生活

 

 

今回のテーマは
【ピロリ菌を胸焼けの関係】でした。

ではまた、次の記事で
お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ