逆流性食道炎を招く原因2017~あなたを苦しめる原因は次の内どれ?~

逆流性食道炎の原因まとめ

薬を飲んでいるのに症状が収まらない!

 

薬剤を飲むだけでは完治しない
厄介な病気『胃食道逆流症

そんな病気の原因は何なのか?
治療の為に探ってみましょう。

ゲップや胸痛、食後の胸焼けなど
辛い症状を引き起こす病気の原因から
対策を考えてみる!

【目次】

  1. 胃酸が逆流しやすくなる習慣
  2. 胃酸の分泌量が増える理由
  3. 括約筋が緩みやすい人の食生活とは?

 

 

『なんでこんな病気に?』

逆食になってから、症状が辛い時に
こんな疑問が毎回、浮かんできます。

純粋な疑問というよりは
それまでの後悔も混ざったような
モヤモヤとした複雑な気持ち(^_^;)

 

  • 薬を飲む
  • お酒を控える
  • お菓子を我慢

 

医師から言われたことを
そのまま実践しても

なかなか治療が長引いてくると
精神的にもキツくなるんですよね。

 

ただ自分の体なので
自分で何とかしないといけない。

そこでまずは逆食になったキッカケ
病気の原因を突き止める所から始めました。

 

原因がわかれば症状の対策も
治し方も、完治したあとの予防もできる!

「自分がなぜ病気になったのか…」
あなたも、まずはそれを探りませんか?

 

今回のテーマは
【逆流性食道炎の原因】

胃腸科の医師に聞いたこと
ネットや書籍で
調べたことをまとめています。

スポンサーリンク

原因(Ⅰ) 腹圧が高まることで逆流しやすくなる

 

多くの人に挙げられる原因として
『腹圧が高まること』があります。

腹圧とはお腹の圧力のこと。

 

お腹への圧がかかれば
それだけ逆流しやすくなりますよね?

当たり前の事なんですが
腹圧が高まる行為は
無意識に生活で行っていることが多い

だから、頭ではわかってても
ついついしてる行動があり
それが治療の妨げにも繋がる。

 

どういった日常生活の行動が
腹圧を高めてしまうのか?

大きく分けて3つあります。

 

① 不摂生で体に起こる2つの変化

 

1つ目は不摂生な生活

運動をしなかったり
ダラダラ食いをしていると
お腹に贅肉がつきますよね?(^_^;)

 

肥満になれば、その肉の分だけ
お腹への圧もかかってきます。

よく肥満が逆食を誘発すると言いますが
それは腹部の脂肪が胃を圧迫するから

 

また生活のリズムが狂うと
便秘にもなりやすくなります。

腸に便が詰まるのも
胃圧がかかる原因に(>_<)

慢性的な便秘の人は
「体質だから」と開き直らず
食生活の改善をした方がいいですよ(笑)

 

② お腹に圧がかかる姿勢に要注意

 

2つ目は姿勢

ある姿勢をとることで
お腹に圧がかかりやすくなるので注意。

そのある姿勢とは
背中を丸めることです。

 

一度、意識してみるとわかりますが
背中を丸めるとお腹にグッと力が入りますよね

この姿勢を長時間、とっていると
胃酸が逆流しやすくなります。

以下のような姿勢を
普段からとっていませんか?

【腹圧を高める姿勢】

  • デスクワーク、勉強
  • 猫背、首猫背
  • スマホの操作時間が長い
  • 巻き型(肩を丸めてすぼませるクセ)
  • うつぶせ寝

 

これらの行動は普段から
無意識にやってしまいがちですし
自覚すらしてないケースもあります。

一度、家族や友人に
背中が丸まってないか
確認してもらうといいですよ(^^)

 

特に食後は要注意
食直後は一番、上がって来やすいので
姿勢には意識を向けておきましょう。

こちらの記事で姿勢の矯正を
詳しくお話しています。

記事:猫背を解消して逆食を防ぐ方法

スポンサーリンク

③ 『おめでたいこと』の副産物

 

最後に挙げられるのが妊娠中

お腹に赤ちゃんがいることで
胃に圧力がかかって逆流しやすくなります。

 

妊婦さんが一時的に
逆食になるのは、これが原因。

妊娠してる間だけ逆流するので
出産後は楽になるのですが

その間の症状は0には出来ないし
一般的な治療法が効果が薄いのが辛いところ。

(僕の母も妊娠中は
気持ち悪かったと言ってましたし…)

 

原因(Ⅱ) 胃酸の分泌量が多くなる

胃酸の分泌

次に挙げられる原因は胃酸過多

必要な胃酸の量よりも
多く分泌されることで
胃熱胸焼けといった症状がでます。

 

さらに胃酸が喉に上がってくれば
咳が出たり喉の痛みも併発。

(胃酸は『酸』なので
体への刺激が強く危険なんですよね)

胃酸の分泌が上手く行かなくなるのは
以下の3つの可能性が高いと言えます。

 

① ストレスにより自律神経が乱れる

 

1つ目は自律神経
乱れることによって起こります。

自律神経とは僕たちの意志とは
無関係に働く生きるための活動を司る神経。

 

呼吸や消化活動、内蔵の動きは
僕たちが意識的に命令して
働くものではありませんよね?

そういった勝手に働くものを
コントロールしてるのが自律神経。

 

その自律神経がストレスや生活習慣で乱れると
消化機能も正常に働かなくなります

胃酸を多く分泌したり
消化をせずに胃もたれになって
結果、胃酸が過剰に出るようになったり…

自律神経の乱れが胃酸の分泌量を多くし
逆食へとつながって行くんです(>_<)

 

胸焼け以外の症状としては肩凝りや不眠症
頭痛や抑鬱などがあれば

あなたの自律神経は
乱れていると判断できます。

そういった場合はストレスの軽減が
治療の大きなポイントになりますね。

記事:逆食を招くストレスの正しい解消法とは?

 

② ピロリ菌を除去することのデメリット?

 

2つ目はピロリ菌の除去

ピロリ菌を退治することで
胃液が多く出るようになります。

 

そもそもピロリ菌とは
胃がんや胃潰瘍の原因とされていて

検査で見つかれば健康の為に
除去する場合がほとんど。

 

ただピロリ菌は胃液の分泌を抑える菌で
それを除去すると一時的に
以前より胃液が多く分泌されてしまいます。

これは多くは一時的なもので
時間が経つと元に戻ります

それでもピロリ菌除去は
メリットばかりではなく
胸焼けを誘発することもあることに注意。

 

③ 胃酸分泌を促す飲み物とは

 

最後の要因はカフェインです。

カフェインを摂取すると
胃酸が多くでることになります。

もともと食後にコーヒーを飲むのは
胃液を多く出して
消化をスムーズにするため。

 

一般の人なら食後のコーヒーは
そういった効果があるのですが

過剰に摂取すると
『胃酸の出すぎ』になり胃酸過多に陥ります。

普段、僕たちがよく飲むもので
カフェインが含まれる物は以下の通り↓

【カフェインを含む飲み物】

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ラテ
  • 栄養ドリンク
  • 烏龍茶
  • コーラ

 

少しなら何も問題はありませんが
胃が空っぽの時に一気に飲んだり
1日何杯も飲んでると胃酸過多のリスクが増加。

『適量』を意識すれば
消化に心強い味方になるので

自分にとってちょうどいい量
これを知ることが大事ですね(^^)

 

飲んで良い飲み物
飲んではイケない飲み物

これらについては
下記の記事でお話しています。

記事:逆食の治療中にオススメの飲み物とNG飲み物

 

忠実に守ろうとすると
飲める種類が少ないので辛くなります。

個人的に胸焼けを招くもの
飲むと楽になるものを見つけて
上手く付き合う方法を考えましょう。

スポンサーリンク

原因(Ⅲ) 括約筋が緩み『フタ』の役割ができない

 

逆流性食道炎、最後の原因は
『下部食道括約筋の緩み』です。

嘔吐や吐き気、呑酸の症状が強い人は
この原因が当てはまる可能性が高いので必見。

 

もともと胃に入った食物が
食道に上がって来ないのは
この括約筋が閉まってくれてるから

ここがキュッと閉じてるから
食後に動いたり、逆立ちしても
食道に上がらないんですね。

 

じゃあもし、この筋肉が緩んだら?
フタが閉じなくなったら?

そうなった時に発症するのが逆食。

フタ(括約筋)が緩むことで
ちょっとした刺激でも
逆流しやすい体になってしまいます。

 

ではどういった事をすると
この下部食道括約筋は緩むのか?

具体的には3つあると言われています。

 

① 食事の欧米化はやっぱり危険

 

1つ目の緩む原因は食生活

肉中心の食事や脂っこい物を食べると
コレシストキニンという物質が分泌されます。

このコレシストキニンが
括約筋を緩める作用があるので
欧米的な食事はオススメできません。

 

近年、日本の逆流性食道炎の患者数増加が
食の欧米化が要因とされているのは

肉の摂取が括約筋を
緩めることになるからなんですね。

 

また動物性タンパク質は
消化に胃酸を多く必要とするので
そういった意味でも多量摂取はNG。

大豆などの植物性タンパク質や
魚などを積極的に食べて
肉の量を減らしてみてはどうでしょうか?

 

② やっぱり歳には勝てないのか?

 

2つ目の要素は加齢

歳をとることによって
括約筋が緩んでしまうんです。

高齢者に逆流性食道炎持ちの人が多いのは
歳を取り括約筋が緩んでしまうから。

 

こればかりはしょうがない面があり
普段の生活で治すのは難しい(>_<)

それ以外の方法(食生活や生活習慣)で
楽にする方法を見つけた方がいいですよ。

 

③ 酒、アルコールが大好きな人は要注意

 

括約筋が緩む3つ目の要因は
アルコール』です。

アルコールを飲むことで
筋肉の動きが鈍くなり
括約筋も閉まらなくなる。

 

お酒を飲むとフラフラしたり
上手く歩けなくなりますよね?

これは筋肉が正常に働かなくなるから
それが下部食道括約筋でも起こってるんです。

 

飲む量を減らす、
一日おきに飲むなど
対策が必要になりますね。
(辛い決断ですが…泣)

 

 

いかがでしたか?

今回はすこしボリュームが
多かったですね(^_^;)

最後に今回の記事の内容を
おさらいしましょう(^^)

【記事の復習】

  • 逆流性食道炎の原因は大きく分けて3つ
  • ① 腹圧…便秘や肥満、猫背や妊娠など
  • ② 胃酸過多…ストレスやピロリ菌、カフェイン
  • ③括約筋の緩み…肉中心の食生活やお酒、加齢

 

一つだけ当てはまって
逆流性食道炎になるのは稀。

多くはこれらの原因のいくつかが
重なり合って病気を発症します

 

どれが当てはまっていますか?
どれに心当たりがありましたか?

もう一度、これまでの生活を思い出して
あなたの逆食の原因を探ってください。

 

治し方については
次の記事でまとめてあります。
読んで頂ければ嬉しいです(^^)

記事:逆流性食道炎を自分で改善させる方法
記事:逆流性食道炎の時に気を付けたい食生活って?

 

 

原因を突き止めて改善し
以前の生活を取り戻しましょう。

ではまた(^O^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ