逆流性食道炎で朝の寝起きが胸焼けでツライ時にすべき7つの対策

寝起きの胸焼けがツライ

寝起きが気持ち悪い…

 

早朝にくる胃もたれや吐き気
咳や痰などの喉の違和感etc

とてもじゃないけど
朝食なんて食べられません。

 

寝る前や就寝中の工夫で
症状を軽減、予防は可能なのか?

上手に向き合って
苦しさを軽くしましょう。

【目次】

  1. 夕食から就寝までに行いたい胸焼け対策
  2. 寝方を工夫して逆流性食道炎ケア

 

 

症状でも特に辛い寝起き。

苦しくて朝早くに起きたり
夜中に何度も目が覚めませんか?

 

何回も繰り返してると
だんだん夜、起きるクセができて
睡眠の質も低下してしまう…

何とかしたくても
夕食後に飲む薬の効果は
朝までは持続しにくい。

 

今回、お話するのは
厄介な 『朝の症状への対策』

症状が重いときは完璧に
解消するのは難しいです。

 

ただ緩和、改善は見込めるので
参考にしていただければと思います。

対策を大きく分けると
夕食から寝るまでの過ごし方と
睡眠中と2つあります。

スポンサーリンク

夕食から寝るまでに実践したい胸焼け対策

 

まずは夕食から布団に入るまで
この間にできることをお話します。

僕がやって効果があったと感じたこと
それを中心に方法を集めています。

 

① 夕食と就寝までは何時間空けるのが理想?

 

まず気をつけたことは
夕食と就寝までの時間を空けること

以前は22時に夕食
23時に布団に入る生活をしていました。

 

これだと消化する前に
体を横にするので
呑酸や胸焼けにつながります。

調べてみると胃の消化には
平均して3時間ほどかかるんだとか。

 

だから僕は夕食から就寝まで
長い目に4時間の間隔を空けました。
(消化不良気味だったので)

毎日は無理ですが
早く食べられる日は19時に食事
23時ころに体を横にしていましたね。

 

仕事によっては
実践できない日もありますが

そういう時は帰宅して、すぐ食べる。
寝るギリギリまで横にならない。

そして夕食では
消化をスムーズにため
噛む回数を増やしていました

 

② 寝る前の白湯で胃酸を中和する

 

19時に夕食を済ませたあとは
基本的には何も食べません。

お腹が減るのは我慢してました。

朝にくる胸焼けを考えると
あまり無理せずに我慢できました。

 

…ただ喉は渇くんですよね(^_^;)

僕は食事中、消化力を高めたくて
お茶類は全く飲まないので余計に渇きます。

 

そんな時は白湯を飲んでいました。

白湯は『お湯』みたいなもので
とても重宝しています。

胃酸を薄めてくれたり
胃を温めて血流をよくして
消化を促してくれたり。

 

逆食の治療中では
助かる飲み物です。

食後すぐ飲むと胃酸を薄めて
消化力が落ちてしまうので

食後2時間してから
飲むようにしていました。

 

作り方自体は簡単ですので
一度、作ってみてはどうですか?

記事:白湯の簡単で正しい作り方はコチラ

 

胃酸過多や呑酸の症状が強い人に
オススメの飲み物だと思います(^O^)

スポンサーリンク

③ 直前に漢方を飲んでました(個人談)

 

これはあくまで自己流なのですが
白湯だけでなく漢方も
セットで服用してました。

六君子唐という漢方です。

 

胃の調子を整える効果があり
いまも愛用してる漢方(^^)

(薬局でも販売してるので
薬剤師さんに聞いてみては?)

 

それまでは胸焼けで起きる時間帯が
夜中2時ごろだったのが

漢方+白湯で5時ごろまで
引き延ばすことができました。

 

…まあ起きてしまうことは
変わりなかったのですが

睡眠の妨げという意味では
助けられましたよ。

 

逆流性食道炎なら睡眠中は寝具の工夫を!

逆流性食道炎と朝

次は睡眠中。

この時にできる
一工夫をお話します。

寝るときの姿勢や枕の作り方
応急処置としての
飲み物についてです(^^)

 

① 枕、布団を自作で高くする

 

まず朝に呑酸や
胸焼けの症状が出るケース

これでまず対応すべきは『枕と布団』です。

 

単純に上がってくるなら
上がってこれないように

枕と上半身部分の布団の位置を
高くすればいいんです。

 

僕は枕の下に分厚い本を敷いて
布団の下に敷布団を丸めて

リクライニングのような状態を
自作で作りました。

 

自分の症状によって
高さを自由に変えられるので

苦しいならより高く設定して
楽になって来たら徐々に低くしてました。

 

【注意】

ただ、この寝方を長期間してると
腰痛になりやすいのがデメリットです。

鈍い痛みがきて
けっこうキツイんですよね。

 

そこでオススメなのは、
その日によって枕の高さを
微調整することです。

今日は大丈夫そうなら低め
今日は食後すぐに寝るから高め

↑このように一日一日
微妙に高さを変えて
越しの負担を軽減してました。

 

あとは高反発のマットレスを買ったり
逆流性食道炎専用の
マットレスも試しましたね。

参考:【楽天】逆流性食道炎専用の枕 ガードピローまくら

 

これはあなたの症状によって
どう対応すべきかが変わります。

朝の症状が重いなら
専用のマットレスをおすすめしますが

まずは自分で作ってみて
効果を確かめてみるのが
ベストだと思います。

スポンサーリンク

② 寝るときの向きで症状が軽減

 

あと寝る前の姿勢でも
症状を軽減できますよ。

これについては
前の記事でお話してるので

気になる人は
そちらを読んでください。

記事:胸やけを最小限に抑える寝方を考える

 

③ 枕の横に白湯or常温のミネラルウォーター

 

これは緊急用というか
応急処置になるんですが
枕の横に白湯を用意しておきます。

先ほどの方法を全て実践しても
100%胸やけを予防できるかはわかりません。

 

僕自身、症状が酷い時期は
夜、何回も苦しくて起きてました。

夜中、胸やけで起きた時に
スッと症状を緩和させるのが白湯です。

 

一度、作った白湯を水筒に入れて
枕の横において奥だけで
必要なときにすぐ飲むことができます。

面倒なら常温の
ミネラルウォーターでも構いません。

 

たとえ起きてもすぐに対処して
また眠れるようにする準備も必要。

これをしないと、なかなか寝付けず
不眠症気味になってしまいますよ(^_^;)

 

 

いかがでしたか?

 

睡眠がとれないとストレスが溜まり
それが逆食の悪化に繋がります。

上手に胸やけと距離をとることで
睡眠の質を高めていきましょう。

その為に今回、お話した内容を
実践してみてはどうでしょうか?

 

次は食事に関して
もう少し詳しく掘り下げていきます。

夕食に何を食べるかで
睡眠中の症状も変わってくるので↓

記事:逆流性食道炎が悪化する食材や食べ方って?
記事:逆流性食道炎による吐き気を抑える2つの方法

 

 

食後の胸焼けや吐き気で
夜中や朝がつらい人は
こちらの記事も読んで
胸焼け対策を行っていくといいですよ。

ではまた(^O^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ