逆流性食道炎で胃カメラ以外の検査~内視鏡なしの流れ~

逆流性食道炎かを診察している医師

内視鏡以外で検査する方法ってない?

 

胸焼けや呑酸、食後の胃もたれ…
症状を見る限り、おそらく胃食道逆流症だと思う。

正確に診察するには
胃カメラ(内視鏡検査)だけど

面倒だし苦しくて嫌な人のために
別の検査方法を提案!

胃カメラが苦手、めんどくさい人へ
内視鏡しない診断方法とは?

【目次】

  1. 症状から自分で判断する
  2. 受けて意味がなかった検査の一覧
  3. 病院で診察する時の胃カメラ以外の検査

 

 

「胃カメラだけは絶対に嫌です」
内科の医師に僕が実際に言った言葉です(笑)

去年、胸焼けが数カ月続き
体重もドンドン減っていく日々。

 

「万が一があるから胃カメラ受けたら?」
先生のそんな提案を僕は拒みました。

だって胃カメラなんて気持ち悪いし
自分なんかができるはずがない…

そう思った僕は別の病院で検査を受けたり
書籍で調べ逆流性食道炎かを
判断する方法を調べました。

 

今回のテーマは
【胃カメラ以外での検査方法】

  • 胃カメラが怖くて受けられない
  • 時間がなくて自分で判断したい
  • 病院で検査するほど症状が酷くない

そんな場合に役立つ
逆流性食道炎の診断についてお話します。

スポンサーリンク

まずは症状からセルフチェック。ポイントは2つ?

 

まずは病院に行く前に
自身でわかる範囲で調べてみました。

自己診断テストで重視するポイントは2つ
症状が続いている期間生活習慣です。

 

① どれくらい症状が続いているか?

 

まずは症状がある期間を思い出してみます。
一般的な食べ過ぎや飲みすぎの胸焼けは
2~3日、長くても1週間で治りますよね?

ただ逆食の場合は、同じ症状でも
長期化する特徴があります。

 

逆食の一般的な症状はこちら。

どれくらい長引いているか、
思い出しながら見ていきましょう。

【逆流性食道炎の症状】

  • 胸焼け
  • 胃もたれ
  • 喉の違和感、痛み
  • 胃酸が口まで上がってくる
  • お腹が張る感じがある
  • 手で胸(食道のあたり)をさする
  • げっぷが出る
  • 声がかれる
  • 咳や痰がでる

 

これらの症状が
どれくらい続いているか?

1カ月以上だと
逆食の可能性が高いですね。

 

② 逆流性食道炎を引き起こす生活を送っていないか?

 

次は逆食になる原因について
チェックしていきます。

逆流性食道炎になりやすい
生活習慣を送っていたら
実際にその可能性が高いと言えますよね?

 

主な原因と言われているのは
以下の通りです↓

【逆流性食道炎の原因】

  • 慢性的なストレス
  • 肉中心の食生活
  • アルコールの飲みすぎ
  • カフェインの摂りすぎ
  • 姿勢が悪くなる
  • 加齢
  • 暴飲暴食
  • 肥満
  • 早食い
  • 食べてすぐ横になる
  • ピロリ菌を除去した(後述しています)

 

 

病院での検査なしで
自分で判断するなら

期間と原因を
調べるのがベストだと思います。

どうでしたか?
逆食だと言える可能性は高まりましたか?

スポンサーリンク

逆流性食道炎の意味があまりない検査は受けない!

 

僕は結果として胃カメラを受けたのですが
それまでに色々と別の検査を受けました。
(患者が苦しまずに済むものです)

複数の検査を受けましたが
そのすべてが『異常なし』でした。

 

…にもかかわらず、
実際は胃カメラで逆食と診断されたので

以下の検査方法は
受ける意味が薄いと思われます。

【異常なしと診断された検査】

  • 腹部のエコー
  • レントゲン
  • 血圧
  • 血液検査(一般的なもの)

 

これらの検査で
異常がなかったからといって
安心するのはよしましょうね(>_<)

他の病気は見つかるかもしれません
逆流性食道炎に関しては判断できません。

 

病院で診察を受けた時の胃カメラ以外の検査方法

逆流性食道炎の診察

次は内科や胃腸科で
症状を申告した際に行われる
胃カメラ以外の診断方法をお話しします。

 

① まずは問診だけで推測される

 

まずは問診。

胸焼けや胃もたれだと
最初は問診のみで医師が判断します。

判断材料は先ほどの
セルフチェックとほぼ同じ。

  • 「どんな症状があるか?」
  • 「どんな状況で酷くなるか?」
  • 「いつから悩まされているのか?」

先生によっては触診で
お腹をさわって診察する場合もあります。

 

その後は大体「とりあえず胃薬を」といって
胃酸分泌抑制薬消化を促す薬を処方して
様子を見るという結果に。

(ある程度大きな病院だと診察を受けたその日に
エコーや血液検査もありましたが
基本は問診と薬の処方でした。)

 

② ピロリ菌の有無、除去治療を受けたかをチェック

 

珍しいケースとして胃腸科で
ピロリ菌がいないか
検査を受けたことがありました。

先生の説明では
『ピロリ菌がいないと逆食になりやすい』

 

胃がんや胃潰瘍の原因となるピロリ菌は
胃酸の分泌を抑えてしまうのですが

逆にピロリ菌が胃にいなかったり
除去治療を受けると胃酸過多の状態になり
胸焼けや呑酸になる人がいるとのこと。

 

近年、逆流性食道炎で
悩む人が日本人が増えた背景には

衛生面がよくなり
ピロリ菌を持つ人が減ったからだという意見も。

 

なのでピロリ菌に関しては一度
検査を受けた方がいいかもしれません

ピロリ菌あり→将来のために除去
ピロリ菌なし→逆食になりやすい
と判断できますよ。

検査自体は専用の袋に
息を吹き替えるだけの簡単なものでした。

 

【補足】 僕は試さなかった検査方法

 

次は僕は試さなかったが
逆食かを診断できる方法を載せておきます。

① バリウム検査

バリウムを飲んだ後に
X線をとり逆流しているか確認する方法。

 

② Ph検査

2~3 mm程の細い管を鼻から胃まで挿入して
24時間逆流の状態をコンピュータに記録します。

胸やけや胸痛、逆流感などを感じたときなどに
器械のボタンを押していただきます。

この検査により、①食道に胃酸が逆流している時間の測定
②逆流の中でもっとも長く逆流している時間の測定
③1回の逆流が5分以上続く逆流回数
④胃から食道へ液体や気体(ガス)が逆流する回数ならびに
逆流している液体や気体が酸性なのかどうかが分かります。

引用元 http://www.jikeisurgery.jp/diseasegroup/upper-dig/esophagus/reflux/reflux_qa.html

Ph検査は以前、テレビで
逆流性食道炎の特集をしていた時に

モニターの視聴者にも
適用されていた検査方法ですね。

逆にバリウム検査に関しては
精度が不透明といえます。

スポンサーリンク

胃カメラが怖いという人へ伝えたい事

 

今回はセルフチェックの方法と
逆食か判断材料になるもの
検査をしても意味がないものを話ししました。

ただ正確に診察するには
やはり内視鏡検査が一番です。

最悪、別の深刻な病気ということもあるので
よっぽどの理由がない限りは時間を作って
検査をうけにいってはどうでしょうか?

 

胃カメラが苦手、怖い人は
僕が受けた意識下沈静法がオススメ。

鎮静剤を売ってもらって記憶がないまま
検査が終わるという画期的な方法です。

 

僕は全くの無痛で検査入院もなく
楽に検査を終わらせました。

悩んでいた時の自分が
情けなるほどに楽でしたよ。

鎮静剤を打つ胃カメラ検査の流れは
下の記事で詳しく書いています。

記事:楽すぎた!鎮静剤を使った胃カメラの手順と流れ
記事:自分で確認!逆流性食道炎の症状のまとめ
記事:自力で改善できる逆流性食道炎の治し方

 

 

今回は胃カメラ以外で
逆流性食道炎かを判断する方法を
テーマにお話ししました。

ではまた次の記事で
お会いしましょう(^^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ