逆流性食道炎の症状をチェック!発熱や腰痛など、あなたの重症度は?

逆流性食道炎の症状の一覧をチェックしよう

コレも逆流性食道炎の症状なの?

 

治療中に表れる体の不調。
一見、関係ないものも
胃食道逆流症が原因かも!

病状の重傷度を知り、和らげる為に
あなたが感じる自覚症状が
逆食によるものかをチェック!

あなたはどれだけ
当てはまりますか?
紙とペンでメモの用意を(^^)

【目次】

  1. 胃や食道の不調をチェック
  2. 気管や口の中にも症状が!?
  3. 自律神経の乱れからくる辛さ

 

 

胃の調子が悪くなってから
いろいろな不調のサインが…

胃腸以外にもポツポツと
「変だな…」と思うことが増えたんです。

 

そこで医師に聞いたり自分で調べてみると
逆流性食道炎という病気は
僕が思ってたより多くの症状があることが発覚。

そこで今回は 【逆流性食道炎の症状】
これを一覧にまとめてみました。

 

僕自身、最近は無症状で
「治った」と思っていたのですが

調べた結果、今も意外な症状に
悩まされている事実が発覚(泣)

あなたはいくつ当てはまるか?
メモりながら読み進めてみましょう(^^)

スポンサーリンク

胃や食道など消化器官の不調をチェック

 

まずは代表的な症状から
確認がてら見ていきますね。

多くの人が苦しむもので
僕も長い間、悩まされました(^_^;)

【消化器官の症状まとめ】

  • 胸焼け
  • 胃もたれ
  • 消化不良感
  • 呑酸
  • お腹が張る
  • 体重減少(食べてるのに痩せる)
  • 喉の異物感、つかえ
  • 運動すると胃酸が上がってくる
  • えぐき
  • 吐き気、気持ち悪い感じ
  • 吐く、嘔吐
  • 腹痛、みぞおちの痛み
  • 血便(ごく稀)

 

注意するのは胃や食道の痛み。

これは人によって
胸痛下腹部痛と感じたり

時には背中の痛みや
腰痛と感じる人もいます。

 

また胃痛などで激痛であったり
食後する痛みがある場合は

胃炎や胃潰瘍の似た症状という
可能性も考えられます。

(背中や腰の痛みだと
全く違う病気かもしれませんし。)

 

それらの不安を消すために
100%正確に診断するには
やっぱり胃カメラが1番。

一度、受けることを
オススメしますよ(^^)

記事:鎮静剤を使う胃カメラの手順と注意点

あと血便や吐血の症状は
逆食では非常に珍しいので
他の病気を疑いましょう。

 

気管や口内にも逆流性食道炎の症状はある!

逆流性食道炎の症状チェック

胃酸や消化不全など消化する過程で
不調が起きやすい逆食ですが
気管や口にも広がるケースがあります。

胃酸が食道の側を通る気管を刺激したり
口まで上がってきて
様々な症状を引き起こすんです。

 

僕自身も気管系で悩まされていて
喘息を再発したり声が掠れたり
いろいろと苦労しました(^_^;)

もともと喘息持ちの人や
アレルギー体質ならより注意ですね。

【気管や口内の症状の一覧】

  • 息苦しい
  • 痰が絡む
  • 血痰
  • 喘息
  • 気管支炎の悪化、長期化
  • 風邪を引くと咳が長引く
  • 声枯れ、かすれ
  • 歯痛
  • 口内炎がよくできる
  • 口臭が臭い
  • 口の乾き、唇の乾き
  • げっぷ
  • むせる
  • おなら

 

この中でも注意すべきは
やはり呼吸器官系の項目でしょう。

喘息や咳は副交感神経が優位になる夜に
症状が悪化する傾向があります。

吸入器や気管支拡張薬などの頓服薬
あらかじめ用意しておくと安心ですよ。

 

あと屁(おなら)に関しては
人によって2パターンに分かれます。

頻度が多くなる人もいれば
僕のように全くなくなる人も。

僕の場合はげっぷが多くなったから
ガスが減った?と思っています。
個人的な推測です。根拠はありません)

スポンサーリンク

『自律神経の乱れ→胃の消化活動低下→胸やけ』

 

次は自律神経の乱れによる症状。

もともと逆食を患う原因として
自律神経の乱れが挙げられます。

 

慢性的なストレスや睡眠不足で
自律神経が上手く働かなくなる。

それにより消化活動の機能が低下し
胃に食べ物が留まる時間が増える。

すると胃酸過多になったり
胃もたれ消化不良へとつながる。

 

なので逆に逆食になる時期に
自律神経の乱れによる症状も

同時に表れている可能性は
高いと言えますよね。

自律神経失調症などで
よくある症状は以下のようになります。

【自律神経が乱れる事で表れる症状】

  • 抑うつ(うつ病)
  • 倦怠感、だるさ
  • 頭痛
  • 動悸
  • 目の疲れ
  • 肩こり
  • 首こり、首の痛み
  • しびれ
  • 熱が出る(発熱,微熱)
  • 冷や汗
  • 体の末端の冷え
  • 寒気、鼻水
  • 血圧の変動
  • 不整脈
  • 貧血、めまい
  • 睡眠障害(夜に眠れない、不眠、昼間の眠気)
  • 食欲不信
  • 味覚異常
  • 吹き出物(できもの,湿疹)
  • 蕁麻疹、アトピーの悪化
  • 抜け毛が増える
  • 生理不順
  • つわりの悪化
  • 血糖値の乱気流(低血糖症)

 

これは自律神経が
正常に働いているかを
判断するポイントとも言えますね。

多くに当てはまると
それだけ体がストレスを感じていて

逆食の治療期間が伸びたり
効果を実感しづらくなることも…

胃腸の症状だけでなく
ストレス緩和が必須なので
生活習慣の見直しをオススメします。

スポンサーリンク

胃薬などの薬の副作用も忘れないように!

 

最後は症状とは
少し違うかもしれませんが

治療中に服用する薬の副作用や
逆食対策で気をつけるポイントを
お話ししていきます。

 

胃薬を飲んで副作用があるケースは
比較的、少ないとされていますが

たまに出る人もあるんだとか。
(それが僕でした。)

 

  • 胃散分泌抑制薬
  • 消化を促す薬
  • 胃粘膜を保護する薬

逆食の場合、この3種類が
よく処方されます。

この薬での副作用で多いのは
以下のものです↓

【逆食で処方される薬の副作用】

  • 下痢、軟便
  • 便秘
  • 便通の変化(間隔が開く)
  • 腹痛
  • かゆみ
  • 腹部膨張感

 

僕の場合は下痢と
便通の間隔が開いたことですね。

毎日、便意があったのが
週に1回になって
しかもなぜか軟便になる。

 

初めての経験で怖くなり
医師に話したところ

「パリエットの副作用だ」
と言われました。

知らないと不安になるので
薬の副作用も出る可能性があること
頭の片隅に入れておいて損はないです。

 

次は逆食に効くツボと治療法について
記事を書いてみました。

記事:逆流性食道炎なら押したい胃に効くツボ一覧
記事:自宅で逆流性食道炎を改善する方法って?
記事:逆流性食道炎による吐き気の対策

 

 

今回は【逆食の症状】について
お話をしました(^O^)

一覧をチェックしながら
治療や生活の向上に役立ててくださいね。

ではまた、次の記事で
お会いしましょう!

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ