逆流性食道炎に効くのは水ではなく白湯!?

白湯で逆流性食道炎の胸焼けが収まる

白湯を飲めば症状が収まる?

 

アーユルヴェーダで注目を浴びる白湯。
逆流性食道炎にも効く飲み物です。

牛乳や水でもいいけど
胃腸改善に最適なのは白湯。

白湯の作り方と飲むタイミングは?

【目次】

  1. 白湯が逆流性食道炎に良い理由
  2. 白湯の正しい作り方
  3. 逆効果になるタイミングとは?

 

 

こんにちは。

今回のテーマは
【逆流性食道炎(GERD)と白湯】

 

僕は胃食道逆流症の治療中に
白湯を飲んでいたのですが
けっこう助けられるシーンがありました。

白湯のメリットや作り方
飲むタイミングなどを載せています。

ぜひ参考にしてみてください(^^)

スポンサーリンク

僕が逆流性食道炎に白湯を勧める4つの理由

 

なぜ僕が白湯を
あなたにオススメするのか?

その理由は白湯がもたらす
4つの効果にあります。

どれも逆流性食道炎の時に
助かるものばかりですよ(^^)

 

① 食間(空腹時)の胸焼けがおさまる

 

一つ目の効果は胸焼けの解消

胃酸を薄めてくれるので
胃酸過多の状態をリセットしてくれます。

 

食道に上がってきた胃酸も
白湯で中和できるので
胸焼けの解消には白湯が役立ちます。

一気に飲むのではなく
少しずつチビチビ飲んだ方が
より効果が得られますよ!

 

② 胃を温めて調子を整える。

 

あとは不調になった
胃腸にやさしいのも利点。

食前に飲むことで内蔵が温まり
消化不良も改善していきます。

飲んですぐ良くなる実感はありませんが
飲み続けることで得られる効果です(^^)

 

③ 脂肪を燃焼して腹圧を減らす。

 

逆流性食道炎の原因が肥満の方は
すこしでもお腹の脂肪を減らし
腹圧を減らす努力が必要になります。

ただダイエットといっても
忙しい毎日では運動や筋トレは
継続するのが難しい。

 

そこで白湯です!白湯には
体が温まり老廃物を出す効能があります。

白湯ダイエットなんていう言葉もあるので
肥満解消にもなるんですね(^^)

スポンサーリンク

④ 朝食の前に飲んで便秘予防

 

腹圧で言うと、便秘は
逆流性食道炎の天敵

便が溜まることで
お腹に圧がかかりやすくなり
逆流しやすくなるからです。

しかも胃酸の分泌を
抑える薬を飲んでいると
副作用として便秘がでることも!

 

そんな憎き便秘を予防するのにも
白湯が効果を発揮します(^O^)

腸のぜんどう運動を高めるので
朝食前に飲むのが最適。

僕自身、便秘に悩まされていましたが
白湯を飲むことで朝食後2時間くらいしてから
便が出るのが習慣になりました。

 

起床→白湯→朝食→トイレ

この流れができるので
あなたが便秘なら
試してみる価値がありますよ!

 

【時短】白湯の簡単に作る方法

白湯の作り方

では本題の白湯の
作り方を見て行きましょう。

【用意するもの】

  • やかん
  • 水筒

【作り方の手順】

  1. やかんに水を入れ強火で沸騰させる
  2. 沸騰してら弱火で10分、沸かす
  3. 火を止めて50℃くらいまで
  4. 今、飲む分をコップに。余りは水筒に入れる。

 

これだけです!(笑)

朝に作って、一日分の白湯を
水筒に保存しておきます。

 

沸騰するまでの間や
弱火で沸かす時間は

髭剃りや着替えなどの身支度をすると
効率的に朝の時間を使えますよ(^^)

 

どうしても時間がないなら
ただのお湯でも構いません。

温かいお湯を少しずつのんでも
体は温まりますし多少の効果はあります。

スポンサーリンク

【注意点】飲むタイミングを間違えると逆効果?

 

最後に白湯を飲むタイミングと
注意点についてお話しますね。

飲むタイミングとしては原則は空腹時

食後をして3時間や、食前、寝る前
そして起床時など、とにかく胃が空っぽのとき

 

食事中や食後に白湯を飲むと
胃酸が薄まってしまい
消化力が落ちる可能性があります。

健康な人なら問題はないのですが
逆流性食道炎を患っていると
消化不良の時が多くないですか?

そういう時に食事中に白湯を飲むと
消化不良を悪化させてしまう恐れがあるので
この時間帯は避けて飲んだ方がいいですね。

 

次は白湯以外で胸焼けを治す方法を
調べてまとめてみました。

記事:逆流性食道炎でNGな飲み物って?
記事:応急処置!空腹時の胸焼けに効くドリンク
記事:食生活で気を付けたい逆流性食道炎ケア

 

 

今回は白湯を中心に
記事をまとめました。

正しいタイミングで飲めば
胸焼けの解消や
胃の調子を整えてくれる白湯。

 

作り方も簡単ですし試してみては?

ではまた次の記事で
お会いしましょう!(^^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ