胃もたれの原因を追求!若いのに胃が重い原因は冷え?

胃もたれに苦しむ女性社員

 

胃がもたれて気持ち悪すぎる…

 

食後にやってくる胃のもたれ
年齢を重ねるごとに深刻に…

吐き気嘔吐食欲不振にも繋がる
めちゃくちゃ不快感があるキツイ症状。

そんなデリケートな問題である
『胃もたれ』を引き起こす原因を
徹底的に洗い出してみました。

 

 

「またやってきたよ (>_<) 」
…と精神的にダメージがある胃もたれ。

若いときは何も気にせず
好きなものを好きなだけ食べてました。

 

でも年を取るごとに
胃が重くなる感覚があり
そんな日がどんどん増えていく。

あなたも僕と
同じような経験をしていませんか?

 

痛みがあるわけじゃないけど
もたれる感覚って気持ち悪いですよね?

しかもずーっと症状として残るので
日常生活にも悪い影響が出てきます。

いろいろと解消法があるけど
一番大切なのは予防であり未然に防ぐこと

 

今回のテーマは 【胃もたれの原因】

対策をする上で役立つ
胃がもたれる『きっかけ』を作るものを
できる限り挙げてみました。

 

あなたは、いくつ当てはまりますか?

胃がもたれる前日までの
生活を思い出しながら
原因を突き止めてみてください。

スポンサーリンク

なぜ胃がもたれるという感覚があるのか?仕組みを知る

 

具体的な原因を調べる前に
まずはなぜ「もたれる」のか?

それを確認していきます。

 

もたれるという感覚は言い換えると
重いとか張ってるとか消化不良とか
人によって変わります。

ただメカニズムとしては同じで
『食物が胃にいる滞在時間が長いこと』

 

これが胃もたれという
症状の根本的な要因です。

胃にいてもいい時間より長くとどまるから
「胃に食物が入ってる」感覚があり
それがもたれを感じさせるのですね。

 

では、なぜ滞在時間が長くなるのか?
長時間、胃に食物が残ってしまうのか?

それは、その時に食べた食事を
消化するのに必要な負担が
本来の胃の働きを超えるものだから。

 

要は【胃の働き<実際に食べた物】となり
持ち前の消化力ではまかない切れなくなり
結果として胃に食物が残ることになります。

なので具体的な原因としては
胃の働きを低下させるもの
胃に負担をかける食物の2つに分けられます。

 

まずは胃の働きを低下させるもの
胃の消化力を下げる原因について
一緒に見ていきましょう (^^)

 

① 胃の働きを低下させるストレスって何?

 

ではさっそく消化力を下げるものを
確認していきますね。
一覧にしてみました↓

【胃の働きを低下させるもの】

  1. 風邪
  2. 連日の寝不足
  3. 食後すぐ体を動かす
  4. 二日酔い ( アルコールの飲みすぎ )
  5. 加齢
  6. 自律神経の乱れ
  7. 仕事、人間関係のストレス

 

上の 1 ~4 は時間が解決してくれますし
今後の心がけで予防できます。

大変なのは「自律神経の乱れ」
「仕事 , 人間関係のストレス」ですよね?

 

自律神経は乱れると
胃の消化活動が弱まったり

胃酸の分泌量も
増減するので重要ポイントです。

早寝早起きや規則正しい生活など
できる範囲でだけでも改善したほうが
胃の不調を取り除けます。

スポンサーリンク

② 胃に負荷がかかり消化力に影響が出る食べ物

 

では次に知らず知らずのうちにしている
胃に負担をかける食事について確認しましょう。

以下のものが代表的な原因です↓

【胃に負担をかけるもの】

  1. 脂っこいもの ( 天ぷら, かつ丼など )
  2. 脂肪分が多い肉 ( ハンバーグ、霜降りなど )
  3. 辛いなど刺激の強いもの
  4. たばこ
  5. お酒
  6. カフェインの過剰摂取
  7. ドロっとした料理 ( カレーやシチューなど )

 

  • 胃に長くとどまるもの
  • 消化するのに時間がかかるもの

これらが胃に負担をかけていきます。

日常的によく食べていたり
その日に消化力が低下していると胃もたれに。

 

また何が当てはまるか人によって
全然、変わってくる点も要注意です。

胃弱の人はネギにんにくチーズでも
胃もたれを誘発する場合があります。

 

「自分はどの食材、料理に弱いか」

これまでの献立や下の記事を参考に
あなた自身が反応する食材を明らかにしては?

( 食事日記をつけると
見つけやすいのでオススメ )

記事:胃もたれ体質で注意したい食材とは?

 

③ 食べ方や食生活も胃がもたれる原因に?

 

食材や料理だけでなく
胃に負担がかかる食べ方もあります。
それがこちら↓

【危険な食べ方】

  1. 噛まない
  2. 食事中に飲み物を飲みすぎる ( 胃酸を薄める )
  3. 暴飲暴食、食べ過ぎ
  4. 早食い (15分未満)
  5. 食事時間が不規則
  6. ながら食い

 

これは自覚してないケースもあるので
人に聞いたり周囲の人と比較しながら
食生活の見直しをしたほうがいいですね。

 

おすすめな解決方法としては
噛む回数を増やすこと

よく噛めば唾液が分泌され
飲み物を飲まずにすみますし
ゆっくり食べることができます。

 

しかも唾液は消化を
促す成分が含まれているため
胃もたれの軽減にもなりますよ!

理想は1口50回ですが
まずは『以前の咀嚼数× 1.2 倍』
これを目安に慣らしていきましょう。

 

【注意】 症状が長期、続くなら病気の可能性も?

以上が胃もたれの原因となります。

あなたが当てはまる原因を突き止めて
それを解決していけば
胃もたれも予防できるはず。

 

ただ、それでも胃がもたれる場合、
慢性的に症状が続く場合は
病気を疑ったほうがいいかもしれません

胃がもたれるという症状がある
主な病気は以下の通りです↓

【可能性がある病気の一覧】

  1. 逆流性食道炎
  2. 機能性ディスペプシア ( 機能性胃腸症 )
  3. 胃がん

 

胃もたれのほかに
どんな症状がありますか?

げっぷや胸やけなら
逆流性食道炎の可能性が高いですし

むかつき、胃痛なら
機能性ディスペプシアが疑われます。

 

胃カメラを飲めばハッキリするので
長期、症状が残っているなら

内視鏡検査も
視野にいれておいてください。

 

次は胃もたれの解消法と
食事や飲み物についてお話します。

記事:胃もたれを即効で治す3パターン
記事:胃がもたれる時は何を飲めばいい?

 

 

これらの情報を元に
1日でも早くスッキリさせて
イキイキ生活しましょうね(^^)

今回は胃もたれの
原因についてお話しました。

あなたを苦しめる「胃もたれ」
この症状の解消に役立てば嬉しいです。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ