逆流性食道炎で背中の痛み?背中の違和感やコリの解決法とは?

背中

えっ!背中の痛みも逆食が原因?

 

背中の張り痛み痺れがあるのは
逆流性食道炎の症状の可能性があります。

 

今回は 『背中と逆流性食道炎の関係』

胃酸の逆流によりなぜ背中が痛むのか?
その原因と対処法を考えてみました。

 

ヘルニアなどの腰痛持ちでないのに
なぜか腰や肩甲骨、肩が痛む場合は
胃酸の逆流の可能性を疑ってみましょう。

スポンサーリンク

逆流性食道炎で背中が痛む場合の3つの原因

まず逆流性食道炎が関係して
背中が痛む時に考えられる原因。

これは3つあると僕は思っています。

 

一つ目は猫背ですね。

もともと背中を丸めると腹圧がかかり
胃酸が逆流しやすくなります。

デスクワークや姿勢が悪いと
逆流性食道炎になりやすいのは
この猫背も関係してるんですね。

その猫背を直さないと
背中のバランスも悪くなり
痛みやコリに繋がります

 

二つ目の原因は寝るとき

夜中に胸焼けで苦しくなると
無意識に姿勢が崩れてしまいます。

お腹を丸めたりゆがめたりして
苦しさから逃れようとするんですね。
その時に背中を傷める可能性も。

 

また寝るときに頭を高くすることで
胃酸が逆流しにくくできますが

やりすぎると腰に負担がかかり
腰痛になってしまいます。

 

  • 症状が出て苦しくて姿勢が崩れる
  • 頭を高くし過ぎて体重が腰にかかる

寝るときにバランスが崩れてしまうと
背中の張りや肩甲骨の痛みに繋がりやすいです。

 

最後は神経を刺激してる場合

そもそも胸焼けという症状は
胃酸が食道に上がって炎症をおこしてなるもの。

実は食道の近くには神経が通ってて
そこも一緒に刺激してしまうケースがあるんですね。

なので一見、関係なさそうな場所も
痛みやしびれがでる時があります。

 

私は胸焼けが酷い時は
背中の張りと同時に
腕の痺れも出ていました。

個人的な意見ですが
神経の痛みは症状の悪化から
2~3日遅れることが多かったです。

背中がヒリヒリしたら
その前に症状が酷かったか
確認してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

背中の痛みを防止する為の対処法を考える

 

背中の痛みをどうにかしたい時は
原因となる行動をストップさせる必要があります。

 

猫背なら姿勢を正すようにする。
猫背自体を改善するのもいいですね↓

記事:逆流性食道炎の原因になる猫背の矯正法

 

寝るときの姿勢に関しては
胃酸の逆流を防ぎつつ
なるべく腰に負担のかからない体勢をさがす↓

記事:胸焼けが酷い時の寝る向きと体勢

 

 

あとは基本的な胃酸過多への対処ですね。

空腹時に胸焼けがあるなら
水や麦茶をこまめに飲む

内科でパリエットなどの
胃酸を抑制する薬をもらう

 

特に効果的なのが漢方。

漢方なら優しく胃に効いてくる感じで
調子がだんだんと整っていきやすいです。

記事:逆流性食道炎の時の漢方の選び方

 

逆に注意したいのは
ストレッチと筋トレですね。

間違ったやり方などお腹に圧力がかかって
逆流して症状が悪化する危険があります。

特に腹筋やうつ伏せはダメ。

お腹に体重をかけない様に
腰を伸ばして背中をリラックスさせましょう。

 

逆流性食道炎による背中の痛みは
姿勢や胃酸の逆流を疑って
そこからアプローチしてみる。

それで痛みの経過を見ていくと
自分に当てはまる原因が見つかります。

 

  1. 猫背を辞める
  2. 寝るときは姿勢に注意
  3. 胃酸の逆流へのケアをする

この3つを実践して
僕は背中の痛みが減りました。

ぜひ試して見てください(^^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ