六君子湯は逆流性食道炎に効果がある?試した結果と効果的な飲み方

六君子湯で逆流性食道炎は改善されるのか?

逆流性食道炎は漢方薬で改善される?

逆食の長引く症状と治療。
そんな人に効果があると噂。

胃腸の消化不良に効くと言われる
漢方薬六君子湯』は試してみる価値はある?

 

患者(管理人)が服用した結果と
漢方医に聞いた話を伝えます!

【目次】

  1. 六君子湯の効能、効果は?
  2. 逆流性食道炎に効くのか飲んでみた結果
  3. 漢方医の診察をオススメする理由

 

こんにちは。

今回は逆流性食道炎と関係のある
漢方『六君子湯』についてお話をします。

僕自身が今も飲んでいる漢方なので
生の声をあなたに届けられると思います(^^)

スポンサーリンク

六君子湯の基本的な効能は?胃痛や食欲不振を改善させる!

 

まず六君子湯とは何か?
これについて、お話します。

六君子湯は漢方で比較的、有名なもの。
ドラックストアや薬局で売っているのを
みたことがあるのではないでしょうか?

 

サイト「漢方のツムラ」によると
六君子湯の効果は以下のように書かれています。

体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、
疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすいもの
次の諸症:胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、消化不良、食欲不振、胃痛、嘔吐

引用元 https://www.tsumura.co.jp/products/ippan/047/index_50.shtml

薬剤師さんの話では六君子湯は
『お湯に溶かして飲む』のが正しい飲み方で

服用するタイミングとしては
空腹時(食間)がベストとのことです。

 

逆流性食道炎には効果があるのか?実際に服用した感想

六君子湯が逆流性食道炎に効く

胃の不調を治してくれる六君子湯
この漢方が近年、逆流性食道炎にも
効果があると注目されています。

 

実際に服用した僕の意見としても「効きました」
服用する前までは食後2時間してから
胸焼けが毎回、あったのですが

六君子湯を服用して3日ほど経つと
その症状が無くなりました。
(就寝中の胸焼けは変化なし)

 

そして今では胃薬は飲まずに
この六君子湯だけで元の生活を送れています。

僕の場合はストレスによる消化不良や
睡眠不足、食生活の乱れが
逆流性食道炎の原因だと言われています。

詳しくは⇒あなたを悩ませる逆流性食道炎の原因は次のどれ?

 

なので同じようにストレスや不摂生で
逆流性食道炎になってしまったのなら
六君子湯があなたにも効く可能性が高いです。

薬との併用も可能ですし
試してみる価値がありますよ。

スポンサーリンク

六君子湯を試すときは病院(漢方医)での診察を!

 

『自分にも効くかも。薬局で六君子湯を買おう!』
と思ったあなた!ちょっとだけ待ってください(^_^;)

僕は六君子湯はオススメしますが
薬局で買うことはオススメしません。

 

漢方を処方してくれる内科医で
診察を受けて薬を貰う方が良い!

そもそも、東洋医学というのは西洋医学と違い
その人の体質に合わせて漢方を処方します。

胃もたれで病院へ

西洋医学なら「胸焼け→胃酸の分泌を抑える薬」
「頭痛→頭痛を抑える薬」と症状に合わせていますが

東洋医学では一人ひとりの体質をみながら
その人に合った漢方を考えていきます。

 

なので必ずしもあなたの逆流性食道炎が
六君子湯で改善されるとは限りません。

なので時間とお金の節約のためにも
漢方の専門医の診察を受けるのが
一番ベストな判断だと思います。

 

「あなたの住む地域+内科+漢方」
↑これでググればヒットするはず!

自分で判断せずに
プロの意見を聞いてみては?

 

初診で六君子湯を処方されなかったら
直接、「六君子湯が効果があると聞いたのですが…」
と医師に聞いてみるのも良いですね。

とにかく勝手に薬局で購入して
試してみるのは僕はオススメできません。

  1. 漢方医に診てもらう
  2. 処方された漢方を飲む
  3. 自分の体の変化を見る
  4. 漢方の量や種類を変える
  5. 1~4を繰り返す

 

このように試行錯誤を繰り返して
今の自分にピッタリな漢方を見つける。

これが漢方との正しい向き合い方ですし
結果として早く効果が出る方法だと思います。

 

次は六君子湯だけではなく
漢方やツボ、食生活について
逆流性食道炎を改善させる方法を見ていきます↓

記事:漢方を服用する前に確認すべき注意点!
記事:逆流性食道炎に効くツボをまとめてみた
記事:食生活を整えて逆流性食道炎を改善させる方法

 

 

対処療法の西洋医学だけでなく
体質改善の東洋医学も組み合わせて

1日でも早い症状の緩和と
病気の完治を目指しましょう!

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ