逆流性食道炎で癌?パレット食道が”食道がん”への癌化の確率を高める

癌のリスクが逆流性食道炎で高くなる

食道癌になりやすいの!?

逆流性食道炎を患って2年目。
このまま症状がスッキリしないと
胃や食道の癌のリスクが高まる?

なぜ、そう言われているのか?
確率が高まる3つの要素から
治療の重要性を再確認しましょう

 

先日、テレビを見ていたら
逆流性食道炎についての番組が
放送されていました。

最近は患者数が
増加しているということで
取り扱う番組が増えてますよね?

最近ではテレビ東京の
主治医が見つかる診療所」でも
放送してましたし…

 

今回、見ていた番組は
確かTBSだったと思うのですが
その中で気になる箇所がありました。

その箇所というのは
『逆食で癌になる可能性もある』
…という一文。

 

「えっ!?本当に!!」

たんなる胃の不調だと思ってたのに
癌のリスクが高まるなんて…

テレビではサラっと
紹介してただけなので

僕なりに信憑性について
考えてみることにしました。

スポンサーリンク

食道癌のリスクが高まる理由は食道の変化?

 

なぜ逆流性食道炎になると
食道の癌に繋がると言われているのか?

それを調べてみると
アステラス製薬のHP
以下の文を見つけました。

逆流性食道炎を放置していると、
食道粘膜の表面にある組織が、
胃の粘膜に似た組織にかわってしまうことがあります。

これをバレット食道といいますが、
バレット食道が胃酸などの刺激を受け続けていると、
ごく稀にですが、がんを起こすことが知られています。

引用元 http://www.astellas.com/jp/health/sys/questions/answer/123

このように食道に胃液が上がり
炎症が長期化してしまうと
食道がその状況に対応して変化する。

変化した食道(バレット食道)が
後に癌を起こす可能性があるとのことです。

 

逆流性食道炎からガンになる確率を高める3つの要素

逆流性食道炎のチェック

こうして調べてみると
癌化のリスクを高めるのは

3つの要因があると考えられます。
(あくまで僕の推測ですが…)

 

人それぞれの症状の種類と度合い

 

まず一つ目は症状の種類

逆流性食道炎としっても
その症状の辛さや重症度は
一人一人違います。

 

僕の場合は空腹時の胸焼けや胃もたれ
睡眠時の呑酸や咳が特にキツかったけど

人によっては背中が痛いとか
胸が痛い、胃痛だとか
自覚する症状が変わってきます。

 

胃もたれより呑酸の方が
食道を胃液で刺激して
ガンの確率を上げると思いませんか?

このように自分が特に感じる症状で
将来的に癌になる可能性が
変わってくるのではないでしょうか?

 

治療期間が年間単位で長い

 

次に考えられるものは治療期間

もともと、逆食の治療期間は長く
すぐに完治しないで再発しやすいという
面倒な病気です(^_^;)

 

それを差し引いても
数年間ずっと治療を続けていると
食道の炎症が酷くなる。

その長期化した治療が癌にも
繋がるのではないでしょうか?

 

特に加齢による括約筋の衰え
胃酸が逆流しやすくなった場合、
完治が難しいので危ないと言えます。

免疫力も落ちてくる時期なので
高齢での逆流性食道炎は
食道がんを徹底マークする必要がありますね。

 

逆に40代より若い世代では
運動不足や食生活を見直して

一日でも早く治すこと
リスクを下げる方法と言えます。

記事:逆流性食道炎が悪化する食材と理想の食生活

 

薬を飲んで症状を押さえてるだけ

 

逆流性食道炎と診断され1年後
僕は経過を見るために
もう1回、胃カメラ検査を行いました。

その時には胸焼けは全くなく
胃もたれや胃痛がたまにある程度。

薬の量も減らし漢方のみで
生活を送れていたときでした。

 

「もう何も問題はないだろう」
そう安心しきっていたのですが

検査後に医師から
「少し食道に炎症があるね」とのこと。

自分では自覚症状がなくても
まだ食道が荒れていたんです。

 

このように治療中に
自分の勝手で薬を飲まなくなったり

症状がおさまったからといって
元通りの食生活に戻すのは危険

 

自分では気づいてないだけで
まだ食道が炎症を
起こしている可能性があります。

これも先ほどの理由と似てますが
長期間、食道を刺激しつづけるので
確率が高くなると言えますね。

 

やはり逆食は目で見て
しっかり診断する胃カメラ
定期的に飲むのが一番。

自己判断で辞めると
まだ治ってない可能性があります。

 

また薬で押さえ込んでるだけだと
生活習慣を見直さないケースが多い。

これもすごく危険!
…というのも、逆流性食道炎になる生活は
食道がんのリスクも高めると言われています。

  • よく飲酒する(お酒に弱い)
  • 喫煙者
  • 熱いもの、辛いものが好き
  • 野菜、果物を食べない

このように薬で症状をなくすだけで
悪い生活習慣を続けるのも
癌化の確率が上がるので要注意。

スポンサーリンク

大切なのは症状を緩和と正しい治療法

 

こうして見てみると
すぐに癌になるわけではない。

…というのは、わかりますが
それでも不安は拭えませんよね?

 

やはり症状が軽くなったからといって
薬を辞めたり、通院を中止するのは
将来のリスクを高めることになる。

不安を少なくする為にも
様々な治療法を試して
病状を改善する方がいいみたい。

 

まだ試してない解消法や治療があるか
こちらでチェックしてみてください。

記事:逆流性食道炎を自宅で改善させる方法
記事:逆流性食道炎に似た病気って何?
記事:あなたの逆流性食道炎の原因は次のどれ?

 

 

リスクに怯えるなら病院の治療と
今までの生活の見直しを!
(特に喫煙とアルコール)

自分でコントロールできる事から
癌化の確率を減らしていきましょう!

今回の記事は以上となります。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ