胃が熱い!ゲップや吐き気がする原因と症状への対処法

胃が熱い原因

何か胃が熱い感じがする

 

最近、胃に熱いものが残って
しみるような気持ち悪い感覚がある。

痛みも少しある気がするし
吐き気やゲップが辛いですよね?

 

今回、お話しするのは
【胃が熱い感覚がある原因と解消法】

胃の熱さがある時間帯や状況に分けて
その原因(病気)を突き止め
僕が効果を感じた症状への対応を話しますね。

 

胃が熱くなる原因として、まず考えられるもの

ではさっそく
なぜ胃が熱い感覚が残るのか?

その原因の中でも
多くの人に当てはまるものをまとめてみます。

 

まず一つ目はアルコール
お酒の飲みすぎですね(;´・ω・)

特にビールやチューハイなどの炭酸のお酒は
ゲップと一緒に胃酸が逆流するので
食道が炎症して『熱さ』を感じやすくなります。

 

じゃあ日本酒やウイスキーなら大丈夫!
ってこともないです。

許容範囲を超えたお酒の摂取は
胃酸の分泌量を増やします

 

二日酔い、頭痛もある。
そんな時は単に飲みすぎなだけ。

症状も一時的ですが
自業自得なので今後は注意を!

 

二つ目の原因として
考えられるのは胃腸炎ですね。

いわゆる風邪というもので
急性胃腸炎だと胃の消化力が弱まり
消化不良が起こりやすくなります。

 

消化力が弱まると
食物が胃に残る時間が長くなる。

胃酸がダラダラ出続けて
胃酸過多になり熱さを感じてしまいます。

 

これもアルコールと同じで
風邪が治れば症状も収まるので
深刻になる必要はありません。

微熱やだるい感覚があれば
胃の熱さは風邪を疑いましょう。

 

食後に胃が熱い症状が酷くなる原因とは?

まず疑うべきは
風邪やアルコールでしたね?

その次に原因を探っていくには
『いつ胃が熱くなるか?』
その時間帯に注目します。

 

まずは食べた後、食後3時間以内に
症状が出てくるケースについて。

この場合は何を食べたか?
どのように食べたか?
つまり食べ物と食べ方を思い出しましょう。

そこにあなたの辛い症状を解決する
ヒントが隠されている可能性が高いです。

 

食事に関してチェックしたいのは
辛いもの刺激物

胃に刺激があるものを食べると
胃酸が出すぎてしまい「熱さ」がやってきます。

 

唐辛子や生姜、にんにく、玉ねぎ
料理ならカレーなども要注意。

人によって何に反応するかは変わるので
症状が来た時の献立を思い出すと
共通点が見えてきやすいですよ。

 

あと食べ方に関しては
胃に負担がかかる食べ方がNG.

食べ過ぎたり早食い、間食など
胃を働かせすぎる食生活を送っていると
消化力が落ちてしまいます。

咀嚼数を増やしたり
食後は動かないようにして
消化に専念させてあげるといいですよ。

(あと胃薬や漢方もオススメです。)

 

空腹時や夜中に胃が熱くなる原因

次は胃が空っぽの時に
胃が熱くなる原因について(^^)

食後3時間以上たった時や
夜中、寝起きの際に症状がある時は
胃の働きが低下している可能性があります。

先ほども言いましたが
胃が上手く働かなくなると
胃に食物が長く留まり
その分、胃酸も出続けてしまいます。

 

食べ過ぎてなくても
辛い物を食べてなくても

ストレスで体が疲れ切っていると
食後しばらくしてから
胃が熱くなりやすいですね。

 

他にも胃もたれや気持ち悪い感覚があれば
消化力の低下の可能性があるので
最近、ストレスがないかチェックしてください。

あと、明け方に症状があって眠れないときは
頭を高くして胃酸が逆流しないよう工夫したり
寝る直前に水や牛乳を飲むといいですよ

 

根本的な解決ではないけど
症状の緩和としては有効です(´・ω・`)

 

【例外】ストレスや『最悪のケース』の可能性も…

ここまでの話をまとめると
胃が熱い感覚がある原因は以下の5つ。

  1. お酒の飲みすぎ
  2. 風邪や胃腸炎
  3. 辛いものを食べた
  4. 早食い、大食い
  5. 消化力の低下

 

ここでは最後に病気の話をします。

少し怖いですが
熱い症状が長く続いているなら
一度、病院へ診察に言った方がいいですよ。

 

考えられる病気としては
逆流性食道炎機能性胃腸症
最悪の場合はなんて可能性もあります。

これらは胃カメラ(内視鏡検査)でハッキリするので
時間が空けば検査してみてはどうでしょうか?

記事:鎮静剤で無痛の胃カメラを受けてみた!

 

今回の話は以上となります。
ではまた(^^)/

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ