胃もたれに効く飲み物と解消する為の正しい飲み方

ラムネや炭酸などのドリンク

なかなか治ってくれない…

焼肉揚げ物を食べ過ぎた翌日の朝
僕たちを苦しめる胃のもたれ

その日は、一日ずっと胃がもたれ
吐き気に悩まされたりしませんか?

 

そんな症状を改善させたいあなたへ
『おすすめドリンク』をまとめました。

緩和させる為の飲み方
症状を長期化、悪化させるNGな飲み物など
胃もたれと上手に付き合う方法をお話しします。

【目次】

  1. 飲んだら悪化しやすい飲み物とは?
  2. 胃がもたれる時に飲みたいドリンク
  3. 何を飲むか?より大切な事

 

胃弱になってから10年
逆流性食道炎を患ってから2年

そんな僕が経験から学んだことは
胃もたれと飲み物の深い関係です。

 

…というのも、何も考えずに
好きな飲み物を好きなように飲めば
症状が長引き悪化する原因となります。

大切なのは次の3つ。

  • 「何を飲むか?」
  • 「何を飲まないか?」
  • 「どうやって飲むか?」

 

これを今回のテーマとして
一緒に考えていきましょう(^^)

 

まずは避けたい飲み物から。

これを飲んだら胃がもたれやすい
…という危険なドリンクを見ていきます。

多少は個人差があるものですが
今までの食生活を思い出しながら
これらを飲んでないか確かめて!

スポンサーリンク

 飲んだら胃のもたれが悪化しやすい3つの飲み物

 

まず飲んではいけない
飲み物をチェックしましょう。

緩和させたくて飲んだのに悪くなる
…なんてこと絶対に避けたいですよね?

そんなことを防ぐために胃もたれ時に
飲んではいけないドリンク
これには3つの共通点があります。

 

① 温度が低ければ、どんな種類でもダメ!

 

一つ目の共通点は『冷えたドリンク』
種類は問いません。

とにかく冷たい飲み物を避けてください。

 

冷たい飲み物が胃に流れ込むと
胃も冷えてしまい機能が
低下する恐れがあります。

もともと胃もたれは
上手く消化しきれないことが原因

それなのに機能が低下すれば
余計『もたれ感』が酷くなります。

 

あと同じような理由で
ドロっとした飲み物も控えましょう。

飲むヨーグルトやシェイクなどです。
(飲み物じゃないけどカレーやシチューも)

 

サラサラでないと胃に留まりやすく
それだけ消化に時間がかかります。

これも胃に負担をかける要因になるので
胃のもたれが酷い時は飲まないように(^^)

 

② アルコールは飲む量で敵にも味方にもなる

 

二つ目はお酒、アルコール
ただこれは飲んではダメ!ではありません。

…というのもお酒は上手に飲めば
胃の消化を助けてくれる飲みものになるから。
(食前酒とか、まさにそれですよね。)

 

アルコールに関して注意すべきは『量』
少量だと胃酸の分泌を促しますが
多量に飲めば胃の運動機能が低下します。

飲みすぎた日は二日酔いに加えて
胃もたれ、消化不良で
気持ち悪いという経験はありませんか?

このように飲みすぎによるデメリットがあるので
飲むなら少量、適量を意識しましょう。

スポンサーリンク

③ 胃酸を中和して消化力を下げる飲み物

 

三つ目は『胃酸を中和する飲み物』です。

胃酸を中和してしまうと消化できずに
食物が胃にとどまる時間が長引くので
胃もたれの長期化を招きます。

 

よく飲む種類としては
ミネラルウォーター牛乳ですね。

この2つには注意しておいた方がいいです。
(牛乳は消化しづらいですしね)

 

【注意】

胃酸を中和するドリンクは
飲まないようにしましょう!
…と言いましたが、注意点が一つ。

それは胸焼けや胃酸過多の症状があるなら
これらの飲み物が症状を緩和してくれるという点

 

単純な胃もたれなら飲まない方がいいですが
胃のむかつきが酷いなら
水や牛乳は症状改善の助けになります。

大切なのは今のあなたの状態。
消化不良なのか、胃酸がたくさん胃にあるのか
その状態が見極めるポイントになります。

記事:胸焼けをスッと解消できる飲み物【緊急時】

 

胃もたれ時に優先的に飲みたいドリンクって何?

胃もたれの飲み物

では次に本題。胃もたれの時に
飲んでおきたい飲み物についてお話していきます。

簡単に言うと先ほどの逆です。

 

胃を温める飲み物では、これが一番イイ!

 

まずオススメなのは
胃を温めてくれる飲み物

人の体と同じで暖かいと
胃の活動も活発になります。

 

その中でも胃に負担をかけないのがベター。
僕が効果を一番感じた
飲み物は白湯(お湯)です。

厳密にいうとお湯とは違うのですが
胃を温める効果としては同じ。

 

朝に一度作っておいて水筒に入れておくと
何回も作らずに済んで楽ですよ(^^)

作り方の手順は
以下の記事でまとめています↓

記事:白湯の簡単な作り方と胃を元気にする飲み方

 

食事中に何か飲みたいなら温かいお味噌

 

基本的に食事中は
何かを飲むのはオススメしません。

先ほども言いましたが
胃酸を薄めてしまうから。

 

だけどどうしても何か飲みたいとき
そんなときは味噌汁なんてどうですか?

発酵食品は胃や腸での消化吸収を
スムーズにする効能がありますし

味噌汁は温かいので
胃を冷やす心配もありません。

 

「飲み物」ではないですが
食事中に飲みたいなら
味噌汁を優先してみては?

食事中の冷たい水よりは
ぜんぜん良いですよ。

スポンサーリンク

消化を助ける”酵素”が入った飲み物

 

胃もたれは消化力が低下するのが主な原因。
そんな消化を助けてくれる食材があります。

胃もたれの時に、それらの食材を
すべて食事で食べるのは難しい。
(それこそ胃がもたれます。)

 

そこで僕がおすすめするのが
スムージーとして飲む方法です。

消化を助けてくれる酵素が含まれる食材を
ミキサーでかけてドリンクとして飲むと
効率的に摂取できますよ。

 

酵素が多く含まれている
代表的な食材はこちら↓

【おすすめ食材】

  • リンゴ
  • キャベツ
  • 大根
  • 発酵食品
  • バナナ
  • パイナップル
  • レタス
  • ニンジン
  • セロリ
  • トマト
  • きゅうり
  • キウイ
  • アボカド

 

特にリンゴはいいですね。

風邪をひいた時や
入院した時にリンゴを食べるのも
消化をスムーズに行うためなんだとか。

これらの候補から美味しそうになる
好みの組み合わせを
選んで飲んでみては?

 

「何を飲むか」の次は「いつ、どうやって飲むか」

ここまで胃もたれで苦しむときに
飲まない方がいいもの、飲んだ方がいいもの。
この2種類を紹介しました。

ここまで読んでいただけるとわかりますが
飲み物の種類と同じくらい大切なのが
飲むタイミング飲み方です。

 

食事中は消化力を下げないために
飲み物を極力、減らして方がいいですし

何かを飲むときは一気飲みをせず
温かい状態で(最低でも常温)少しずつ飲む。

これは守った方がいいですよ(^^)
(僕の経験上の話です)

 

以前は僕も食事中に
お茶をぐびぐび飲んでいたのですが

胃の調子を崩してからは控えましたし
そのおかげで症状が緩和しました。

 

食事中の飲む量を減らすのに効果的なのは
噛む回数を増やすことです。

咀嚼数を増やすことで
食物が細かく砕かれ食道をスムーズに通りますし

唾液がたくさん分泌され
「飲みたい」と思う回数が減ります。

唾液は消化を助ける働きもあるので
まさに一石二鳥の効率的な方法です(^^)

 

あと、これまでのやり方で
胃もたれが緩和しないとき
最終手段として有効なのは漢方

六君子湯など胃の不調を取り除く漢方を
お湯に溶かして食前に飲むと
1週間ほどで効き目が表れます。

  1. 冷たいドリンク、お酒、牛乳は控える
  2. 白湯、味噌汁、スムージーを飲む
  3. 食事中は噛んで唾液で飲む量を減らす
  4. 最終手段としてお湯を漢方に溶かして飲む

 

胃もたれと上手に付き合う方法として
僕がお話しした内容は以上です。

次は胃もたれになりやすい
症状が長引く原因について
一緒に見ていきましょう(^^)

記事:胃がもたれる食材や消化に優しい食生活とは?
記事:胃もたれをスッキリ解消する3つの方法

 

 

一発で胃もたれを
解決する飲み物はありません。
(少なくても僕の知る限りでは)

酷くならないように
少しずつ良くなるように

そんな意識で選むのが
問題解決への近道です。

 

ではまた、次の記事で
お会いしましょう。

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ