逆流性食道炎で咳が止まらない!咳の特徴と咳き込むときの対策

気管支炎の咳も逆流性食道炎で悪化する?

胃食道逆流症で咳が出る?

風邪を引いて咳が治らないと思ったら
これも消火器の病気
「逆流性食道炎」が原因だった!

 

胃液(胃酸)が食道に上がって
気管支の炎症も引き起こす。

それで夜間や空腹時に
咳が続くというメカニズムらしい。

 

市販薬の咳止めも効果が薄い。
息苦しい、声枯れなど
症状を悪化させないためにも

ひどい咳、痰を止めるために
自宅でできる治療を確認!

早く改善するために
生活の中で気をつけるポイントとは?

【目次】

  1. 最初は風邪の咳だと思った
  2. 逆流性食道炎による咳の対処法5つ

 

胃食道逆流症の治療中に
厄介なのは風邪をひくこと!

この治療期間で
気管の炎症があれば
咳やむずむず感が長期化します。

 

僕自身も治療中に
風邪をひいたのですが
それはそれは面倒でしたよ(^_^;)

その時の経緯と
とった対策をお話しますね!

スポンサーリンク

長引く咳がツライ!最初は風邪の長期化だと思っていた

 

私が風邪を引いたのは
5月に入ってすぐ。

喉の痛みと
熱(39度)のダブルパンチ
でした。

そんな熱は1日で微熱程度に
喉の痛みも3日ほどで引いていきました。

 

しかし咳だけがずーっと残り
息を吸うたびにむずむずする感も
1ヶ月ほど続きました。

「気管支炎かも…」

そう思ってあまり無理はせずに
自然に治るのを待つことに。。

 

ただ2ヶ月ほど経っても
完全に咳とむずむず感が治ることはなく
さすがにおかしいと思い調べてみると

逆流性食道炎は気管にも
影響するということを知りました。

喘息や痰が絡むことは知っていましたが
風邪の咳を長引かせるとは知らずビックリ!

 

当時はプロテカジンという
胃酸の分泌を抑える薬を
減薬していたときだったので

それを一時中断して
逆食の薬を増やすことに

 

あとは、次に説明する生活の中で
咳と胸焼けを予防する行動をとり

1ヶ月ほどで徐々に咳も治っていき
むずむず感も改善していきました。

 

胸焼けが酷くなって数日後に咳が出る
…というのが私の逆食による咳の特徴でした。

なぜか数日の誤差があったんですよね。
食道が胃酸で炎症を起こすまでの時間なのか
良くなるのも悪くなるのも誤差がありました。

 

逆流性食道炎の治療中に咳が出る時の対策

逆流性食道炎で咳

私がとった対策をお話します。
あなたの参考になれば嬉しいです(^^)

 

① もし風邪も引いてるなら先に治すことを優先

 

まず心構えとして逆流性食道炎よりも
風邪の治療を優先させます。

一般的な風邪なら1週間ほどで治りますし
胸やけ対策をとれば咳も長引きません。

 

もし風邪で食欲がない
胃の調子がよくないなら
糖質(おかゆ,うどん)を食べます。

逆食では食後は姿勢をよくして
横にならないようにするのがセオリーですが
体がダルいなら横になります。

 

↑この時はクッションを複数使って
体をななめ45度くらいに
維持するといいですよ。

(体の左半身を下にします)

 

このように風邪だから○○したいけど
逆食の治療としてはNG
…という場合は風邪を優先します。

まず治すべきは早く治る風邪
風邪による咳を最小限に抑えます。

 

② 薬を処方してもらう時の注意点

 

すでに逆流性食道炎の
薬を飲んでいるので

内科の医師にも薬剤師にも
併用することを説明した方がいいです。

 

一目でわかる、『おくすり手帳』があれば便利。
言い忘れたり、聞き逃すミスがなくなります。

(僕は薬局で個人的に買っている漢方や
サプリメントも伝えていました。)

 

胃薬と風邪薬で薬の
相性が悪いという話は聞きませんが

薬剤師に伝えて
アドバイスをもらえれば安心です。

もしあなたが逆食以外の薬も
普段から飲んでいるなら
余計にお薬手帳は必須と言えます。

 

③ 胸焼けによる咳でも空気が悪いところは避ける

 

私が気管支炎だった時は
車がよく通る場所空気の悪いところ
症状が悪化してしまいました。

呼吸は止めることができない
だから空気が汚い空間は
なるべく避けた方が楽になります。

 

あとは息が荒くなることも控えてましたね。

走ったり急いだりすると
むずむず感がひどくなり咳もでました。

普段より5分前行動で
ゆったり行動すると
症状の悪化もなくなりました。

スポンサーリンク

④ のど飴は胸焼けを引き起こさないシュガーレス

 

もし咳が出るから
のど飴を買おうと思っているなら
シュガーレス、糖質0の飴を選びましょう。

先ほども言いましたが糖質の過剰摂取は
胸やけに繋がる可能性があります。

なのでのど飴はシュガーレスで。

 

食後に舐めてれば
唾液の分泌を促せて
胸やけ予防にもつながります。

咳の緩和、胸やけ予防
風邪と逆食の両方に効果があるので
のど飴はオススメですよ(^O^)

 

⑤ 夜中にくる胃酸の逆流と咳は飲み物で緩和

 

咳や胸焼けは夜にも出ます。

そこで夜の対策として挙げられるのが
ペットボトルと枕。

 

まずはペットボトルにアルカリ性の
ミネラルウォーターを入れます。

これを起きた時に飲むことで
胃酸を中和してくれます。

(ミネラルウォーターが無ければ
カフェイン0の麦茶で代用)

 

また枕の位置を高くすることで
胃酸が逆流しにくくすることも効果的。

これについては
以前の記事に書いたので
そちらを参考にしてください(^^)

詳しくはこちら⇒逆流性食道炎なら試したい専用の枕や役立つ書籍

 

 

  • 風邪や気管支炎なら、そちらを優先
  • 薬を併用するときは医師に伝える
  • 空気が悪いところは避ける
  • のど飴はシュガーレスを選ぶ
  • 寝るときに胃液が上がらない工夫を!

これらの5つのポイントを抑えて
風邪を早く治し
咳の完治を目指しましょう!

 

他にも咳の症状に効果があることを
次の記事で載せてみました。

記事:逆流性食道炎なのに喘息が出たらどうする?
記事:逆流性食道炎でからむ痰をスッキリ出す方法
記事:今からできる!逆流性食道炎を改善していく方法

 

 

咳への対処と病気への対処
この2つを同時に行えば
辛さを最小限にできます。

ほっておいてもなかなか治りません。
夜も寝れなくなるので
咳対策は大切です(^^)

スポンサーリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます


もし今回の記事が役に立ちましたなら
TwitterやFacebookで記事を共有して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ